2011年9月24日土曜日

偉大な行いとは・・・

「 偉大な行いとは一つ一つの行いの積み重ね 」


私が一番気高いと思うのは一人一人を元気にしていくような仕事。
一つ一つを育てていくような仕事。
一個一個の闇を光で照らしていくような仕事。

映画に出てくるような救世主って、何か世界に大きな危機がおとずれてそれを阻止するみたいな者だけど、世の中を良くするってことは決して映画みたいに派手なことでは無いと思う。

人々を幸せにしたいなら一人一人を一人ずつ元気にしていくしかないし、
自然を取り戻したかったら一本一本木を植えていくとか、ゴミを少しずつでも減らしていくとかしかない。
自分で全てやる必要はない。
沢山の人が世界の救世主になることで世界は良くなって行くんだと思う。


野球選手のイチローも言っている。
「小さなことの積み重ねが、いつかとんでもないところに行くためのたった一つの道」


大きなことを成し遂げている人は必ず小さな一つ一つのステップを大切にしてきた人なんだと思う。


私の夫は一人一人を元気にして行く仕事をしている。

彼は世界の救世主であり、私の救世主だ。


彼は私の中の一つ一つの闇に一つずつ光を照らしてくれる。
彼が私を元気づけてくれるから、私も色んなことに気づくことが出来るし、自分の周りの人をもっと大切にしようとも思えた。


私も一つ一つ、一人一人、一歩一歩を大切にする生き方をして行きたいと思う。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 20代の生き方へ
にほんブログ村