2011年10月3日月曜日

悪夢から学んだことは・・・

「 悪夢から学んだことは自分の弱点 」




私は良く嫌な夢を見る。
逃げたり、嫉妬したり、怒ったり・・・。

今までは「あ~夢で良かったー」なんて程度にしか思って無かったけど・・。

少し前のこと、連日悪夢にうなされて困ってたときのこと。
金縛りも酷くって、ホントにビビッてた。

でも悪夢から覚めた後にフと思ったことがあった。
「あ、もしかして悪夢で現れることって私の弱点なのかも。」

私は普段から極度に嫉妬心が強いし、極度に怖がりだ。
だから夢の中ではそれが実現しちゃうんだって思った。


それで自分の弱点を知った私は、少し自分をコントロールしてみることにした。
ヤキモチを焼きそうになったらスルー。
ビビリそうになってもスルー。

案外できるものだった。
嫉妬も恐怖も必要以上のものは結局必要じゃないものだ。
私は好んで不快な感情に身を任せていたんだなって思った。


そうするようになって、連日の悪夢と金縛りからは開放された。
今でもたまにはあるけど、それは結局自分の精神が弱ってるときだなって思う。



悪夢から自分の精神の弱点が解ったので勉強になりました。




------------------2012/2/18 追記--------------------

心理学の勉強をしたところ、上記の「スルー」方法は、感情の抑圧になり、ストレスは溜まる一方で、
下手したら多重人格になりうるとか・・・(笑)
なので、自分の感情を無視するのではなく、なぜそのような感情になるのか確かめることが必要みたいです。

大体は、幼少期に受けた心の傷が原因とか。

確かに、幼い頃同じようにスルーしてきた感情がありました。

親に理解してもらえず、折檻された時など、一人ぼっちの部屋でアンパンマンマーチを歌って泣かずにやりきったこと等(笑)今思い出しても涙が出たりします。

なので、その時感情を押し殺しても、問題を先延ばしにしているのと同じなのです。


幼い頃に一人ではどうしようもなく、問題を先送りにして、大人になった時の自分に頼ろうとしたのであれば、今まさに私は問題解決するべき時期に差し掛かったと思います。

う~ん・・・
大人だからってシンドイぞ(笑)



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 20代の生き方へ
にほんブログ村